大学チャンネル.com » 今注目の大学 » 昭和女子大学 No.1

昭和女子大学 No.1

昭和女子大学 No.1

憧れてきた小学校教諭になる夢をかなえるためしっかり学べるキャンパスで指導力と実践力を養成

少人数の密接な指導と充実したサポートに励まされ
教育現場で子どものために役立つ力が磨かれます

昭和女子大学の初等教育学科で憧れの小学校の先生を目指す

大好きな子どもに関わる仕事がしたいと思っていた私が、憧れていた小学校の先生を目指すことを決めたのは高2の頃。志望大を検討し、高3の夏に訪れた昭和女子大学のオープンキャンパスで、生き生きした先輩たちの姿や初等教育学科の雰囲気にひかれて、「ここで学びたい!」と強く感じました。AO入試受験相談で詳しく話を聞き、自分の強みだと感じているコミュニケーション力が活かせるAO入試への挑戦を決意。早速、出願手続きを進め、合格を手にすることができました。

幼稚園と小学校の教員免許状が取得できる児童教育コースは1年次から必修科目が多く、入学後は予想以上に忙しい毎日がスタート。クラスメートと協力し合って課題をこなし、皆で一緒に勉強しながら、ハードなスケジュールを乗り越えていきました。でも、興味のある分野を広く深く学べることはとても楽しく、かなり忙しいけれど、充実した大学生活を実感できました。

密度の濃い学びを憧れの教育現場で活かしたい

2年次からは課外活動をする余裕もでき、学童関係のアルバイトや、実習でお世話になった小学校でのボランティアも始めました。また、介護等体験の実習経験が福祉分野への関心につながるなど、理論と実践の両方を身につけられるカリキュラムのもとで、将来に役立つ力をつけていただいています。

現場経験豊富な先生方も多く、熱心で親身な指導と、あたたかな励ましをいただきながら頑張り続けてきました。教育実習では小学校の先生は本当に多忙だと痛感しましたが、子どものために力を尽くすことには大きな喜びがあり、改めて、とても魅力的な職業だと感じています。4年次になり、いよいよ始まった教員採用試験への挑戦。このキャンパスでの密度の濃い学びを現場で活かしていけるよう、きっと夢をかなえたいと思います。

2014年3月卒業生の実就職率91.2%4年連続女子大学ナンバー1を達成

昭和女子大学は各学科でキャリアデザインポリシーを表明し、専門科目を体系化。早くから学生のキャリア意識を高めるとともに、キャリア支援部とキャリア支援センターの連携のもと、教職員が共同で一人ひとりをサポートし、きめ細かな支援を行っています。その結果、2014年3月卒業生の実就職率は91.2%に。「全国240大学実就職率ランキング」調査(『サンデー毎日』2014年7月27日号)では、卒業生1,000人以上の女子大学中4年連続1位に輝きました。