法政大学

法政大学

自分の興味を追いかけ、憧れを目標に変える。失敗にへこたれず、成長につなげるキャンパス

法政で、多摩キャンパスで、社会学部で、多彩な出会いに触発されて「もっと知りたい」「もっと学びたい」を追求。
鍛えられた自分を社会で活かしたい!

多くの実習が経験できるメディア社会学科へ

福田 野乃花さん

最初、「ここが東京?」と驚かされた多摩キャンパスは、やがて、“居心地がよく、かつ刺激的な場所”になっていった。

進路を具体的に考え始めたのは高3の夏。それ以前から、本が好きだったので、漠然とマスコミに興味を持っていましたが、いろいろな情報を集めるうちに、メディア全体やジャーナリズムなどを広く学んでみたいと思うようになりました。

法政大学の社会学部メディア社会学科は、理論だけでなく、映像・広告コンテンツ制作などの実習を多く経験できる点が面白そうだと感じて、志望を決めました。両親や高校の先生は「法政は自主マスコミ講座があるマスコミに強い大学」だとアドバイスしてくれましたが、私自身、当時はピンときていませんでした。

初めて多摩キャンパスを訪れたのは、社会学部入試当日です。東京は大都会だと思っていたのに、地元の福岡よりもずっと自然が豊かで、「東京にもこんな場所があるんだ!?」とびっくり。合格でき、入学を決めた当初は、思い描いていたキャンパスライフとはかなり違った大学生活が始まることへの戸惑いがあったことも事実です。

自主マスコミ講座とゼミでの実践で大きく成長

自主マスコミ講座とゼミでの実践で大きく成長

昨年8月3日に開催された多摩のオープンキャンパスで、藤代ゼミは青木ゼミと共同で社会学部独自企画を実施。試行錯誤を重ね、企画、周知、運営を担ったゼミ生は、無事に終了後、来てくれた高校生へのお礼のメッセージの前で記念撮影。

メディア社会学科で学び始めて1年が過ぎた頃、CM制作の実習などを経験して、「メディアの現場は意外と地味だ」と実感するようになりました。マスコミ業界の華やかな面しか知らず、憧れだけで志望するのではなく、「たとえ地味でも、自分はそこを目指したいのか」ということを考える機会を与えてくれる学科だとわかり、法政の社会学部に進学したことを納得できた気がします。

2年次の秋から志望業界別の5コースに分かれた講座が始まる自主マスコミ講座の「出版コース」を受講し、毎週土曜日は市ケ谷キャンパスに通い、講座を受講する生活もスタート。雑誌の企画経験や作文練習をはじめとした実際の就職対策などもしながら、業界で働く先輩や講師から出版社の実情を聞き、「やっぱり、この業界を目指したい」という気持ちが固まっていきました。

3年次から藤代裕之准教授のゼミに参加したことは、大きな転機になりました。ジャーナリズム論、ソーシャルメディア論を専攻する藤代先生は着任したばかりでゼミを行っていませんでした。ですが、どうしても先生のゼミで学びたいと思った私が、ツイッターで「ぜひ藤代ゼミを開講してください」とうったえた結果、本当に開講していただけることになったのです。こういう柔軟な風潮があることも、法政の社会学部のよさかもしれません。

昨年8月の多摩のオープンキャンパスで社会学部独自企画を運営し、高校生へのSNSでの周知・勧誘を行ったり、ジャーナリズムを学ぶために沖縄に取材に行き、インターネットに記事をアップしたり、藤代ゼミではさまざまな実践を通して鍛えられ、成長させてもらえました。

時には、自分が「できる」と高をくくっている部分を先生から指摘されることもありますが、失敗しても、必ず挽回のチャンスをくださいます。ちゃんと相手の意見を聞いてくださったうえで、ズバリと指摘してもらえることで、もっとしっかり頑張らなければ、と発奮することができました。

憧れていた出版社で新しい風を届けられる存在に

法政の社会学部では、予想以上にハードな大学生活を味わってきましたが、勉強が“やらされるもの”だった高校時代とは違って、自分から「もっと知りたい!」「もっと学びたい!」と思える対象を見つけることができました。また、私は人見知りだったのですが、多様な人との出会いを通して、人との会話が楽しいと思えるようになっていきました。

ずっと憧れていた出版社の内定をいただくことができたのは、出会いに恵まれた法政で学ぶことができたからです。卒業までにもっと視野を広げ、社会人として周囲に新しい風を届けられる存在になれるよう、成長していきたいと思っています。

ココに注目!

“マスコミに強い法政”を定着させた「自主マスコミ講座」の実績

マスコミ業界を志望する全学部の1~3年生を対象に、卒業生や大学の関係機関の協力の下で自主的に運営されている「自主マスコミ講座」は、2014年度で27期目を迎えた名物講座。志望業界別の5コース(アナウンサー、新聞・報道記者、出版、放送、広告)と、1・2年生対象の各基礎コースの計7コースでは、同講座の卒業生を中心としたマスコミ業界で活躍する講師を迎え、毎週土曜日に市ケ谷キャンパスで少人数による実践的な授業を実施。2013年度は49人の同講座受講生(2014年3月卒業生)がマスコミ関係に内定し、これまでに1,100人以上をマスコミ業界に輩出してきました。

DATA

法政大学DATA
1880年設立
法学部、文学部、経済学部、社会学部、経営学部、国際文化学部、人間環境学部、現代福祉学部、キャリアデザイン学部デザイン工学部、GIS(グローバル教養学部)、スポーツ健康学部、情報科学部、理工学部、生命科学部
〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
【お問い合わせ】
TEL.03-3264-9300(入学センター)

オープンキャンパス情報
※市ケ谷キャンパスのみ一部事前予約制。詳細はホームページでご確認ください。

市ケ谷キャンパス
8月3日(日)・23日(土)・24日(日) ※対象:文系全学部およびデザイン工学部
多摩キャンパス
8月9日(土)・22日(金) ※対象:経済・社会・現代福祉・スポーツ健康学部
小金井キャンパス
8月9日(土)・22日(金) ※対象:情報科・理工・生命科学部