大学チャンネル.com » 2013年9月1日アップ » 東洋英和女学院大学 No.2

東洋英和女学院大学 No.2

uni_toyoeiwa_130901

学びの質を高めてくれる落ち着いた環境でしっかり学び、積極的にチャレンジ

“学ぶこと”を中心に“やってみたいこと”に積極的に取り組み、充実したキャンパスライフが実現できました!

希望する心理学を専攻し落ち着いた環境で学びたい

じっくり勉強できる落ち着いた大学生活を送りたいと思い、高2の春休みくらいからオープンキャンパスや相談会などに参加し、いくつかの大学を訪れるうちに、自分には女子大が合っているかもしれないと思うようになりました。
11月の「かえで祭」で初めて訪れた東洋英和女学院大学のキャンパスは、相談会で好印象を感じたイメージどおりの雰囲気で、「この環境なら、4年間しっかり学べそうだ」と思えました。人間科学部人間科学科では希望していた心理学が専攻できること、父もいい大学だと感じていて進学を勧めてくれたことなどから、東洋英和を第一志望に決定。「大学で心理学を学びたい」という目標に向かってモチベーションを高めながら一般入試に挑み、合格することができました。

充実した学びと課外活動で将来の進路を見つけた

入学後、部活動に打ち込んだ高校までの生活を一転させ、「大学では、まず勉強しよう」、そして「“やってみたい”と思ったことを積極的に」と決意。当初から大学院進学も視野に入れ、心理学に関係する講義はできる限り受講しました。実践的な「心理統計学」など、好きな授業に興味を刺激され、多くの課題をこなすために連日のように図書館へ。課外活動では、E.S.S.※で活動した他、学生有志が編集する「学生ブック」のスタッフにも、1年次と3年次の2回参加しました。
初めての一人暮らし、アルバイトなどの新しい経験を重ねながら将来の進路を考え挑戦した就職活動。理念にひかれる企業に出会うことができ、自分らしさを失わず真剣に取り組み、内定をいただくことができました。
厳しくも面倒見のいい先生方、親身になってくださる職員の方、打ち解けあえる仲間に恵まれた東洋英和女学院大学だからこそ、社会人としての土台につながる学びができ、満足度の高い大学生活が実現できました。

※E.S.S.(English Speaking Society)

DATA

uni_toyoeiwa_photo_130901
1989年設立
人間科学部、国際社会学部
〒226-0015 神奈川県横浜市緑区三保町32