大学チャンネル.com » 2013年9月1日アップ » 横浜薬科大学 No.2

横浜薬科大学 No.2

横浜薬科大学

横浜ブランドの「薬学」で学・術・心を育成し学生一人ひとりの進路をサポート

漢方、臨床、健康の3 薬学科で東洋医学、西洋医学、予防医学に強い専門薬剤師の育成に取り組み、先端的薬学研究をバックアップ!

薬剤師国家試験合格とともにそれぞれが目指す進路を実現

横浜薬科大学は専門分野に強みを持った薬剤師の養成を目指し、全国でも珍しい漢方、臨床、健康の3薬学科を設置。2006年の開学以来、6年制薬科大学のパイオニア的存在として歩み続け、今春卒業の2期生まで就職率100%(就職希望者全員が就職)を達成しています。“ハマヤク”では、質の高い薬剤師育成のために重視してきた「実務教育」「リメディアル教育」「国家試験対策」に加え、このほど、3つのセンターを設立。漢方、創薬、予防医学の各分野で先端的薬学研究を目指す学生をバックアップし、学生一人ひとりにふさわしい多彩な進路をサポートしていきます。

薬剤師国家試験合格はもちろんのこと、さらに高度な研究を目指す学生をバックアップする3つのセンターを設立し、多彩な進路の実現をサポートします!

現代医学の中に漢方を活かせるアカデミックな人材を育成

uni_yokohama_yakka_cap_130901
uni_yokohama_yakka_cap4_130901
漢方は近年、広く一般的に使用されるようになりましたが、“漢方ブーム”といわれる一方で、安易に用いられていることも少なくありません。本来、漢方薬は「証」に基づく理論に則った投薬によってこそ十分な効果を発揮できるものであり、病名や症状のみによる投薬は正しい漢方治療ではないのです。漢方薬・和漢薬等の現代医療への応用が適正に行われているかを調査するとともに、漢方について「学問と実践」の基礎作りをしてそれらを人々に啓蒙すること、そして、現代医学の中に正しく漢方を組み込むことのできるアカデミックな素養を備えた人材を育成することが、漢方和漢薬調査研究センターの重要な使命だと考えています。 漢方の知識を未来に引き継いでいくことのできるスペシャリストを目指す薬剤師が育っていくことを願っています。

いわゆる「和漢薬」は漢方理論の下で用いられているものではありません

先端の創薬の現場を体験し、海外留学、大学院進学も実現

uni_yokohama_yakka_cap2_130901
創薬は、新たな医薬品が製品になるまでの一連のプロセスのこと。生物はさまざまな化合物(天然物)を巧みに生合成していますが、これら天然物の分離・構造決定や全合成の研究から得られた化合物が、生命現象の発見や新しい薬の開発へとつながっていきます。
創薬研究センターでは、「コンビ合成を基盤とする創薬(がん、アルツハイマー治療薬など)や生体適合材料の研究開発」、世界的にも注目される次世代創薬開発加速支援技術などに取り組んでいます。“浜薬生”が学生時代に先端の創薬の現場を体験できる本研究センターで、薬剤師の育成と研究者の育成の両立を目指した活動を実践します。
企業や他大学との共同研究による活発な交流、海外留学や大学院進学にも対応できる教育体制、充実した国家試験対策などを実現していくことで、就職先の多様化(製薬・化学・食品・化粧品をはじめとする多彩な企業など)や、将来のグローバルな活躍が期待されます。

「薬食同源」を科学的に実証。“薬+食”のスペシャリストに!

uni_yokohama_yakka_cap3_130901
健康維持や病気の予防・予知に関する「薬」と「食」についての基礎的・臨床的研究によって、「薬食同源」を科学的に実証することが、総合健康メディカルセンターの目指すところです。医薬品はもちろん、健康維持および疾患予防における各種栄養機能性食品や、伝承的に使用されている飲食類(キノコ類、大豆、パナジウム天然水など)の効能やメカニズムを薬理学的および機能生理学的に研究し、さらに、それらの効能発現物質を分子レベルや分析化学的手法によって解明します。そして、医薬品との相互作用を基礎医学・臨床医学的に究明することにより、補完医療での安全で効果的な応用を構築します。
6年制薬学出身者だからこそ、医薬品のみならず、健康な体の根本である「食」に詳しい薬剤師、薬学者として活躍の場を広げることが可能です。また、新しい医療職として注目されるファルマサプリアドバイザー、レディスファルマコンサルタントなどの育成も行います。

特待生、特別奨学生など授業料免除制度が充実!

特待生、特別奨学生などの授業料免除制度が充実していることは“ハマヤク”の特徴の一つ。特待生S【年間学納金30万円】、特待生A【年間学納金120万円】、特待生B【年間学納金150万円】、特別奨学生【年間学納金180万円】があり、特待生は特待生入試などで最大5回採用されるチャンスがあります。特別奨学生は全ての入試で選抜します。

DATA

uni_yokohama_yakka_photo_130901
2006年創立
薬学部 漢方薬学科/臨床薬学科/健康薬学科
〒245-0066 神奈川県横浜市戸塚区俣野町601
【お問い合わせ】アドミッションオフィス
フリーダイアル:0120-76-8089
TEL.045-854-2345(入試事務局直通)