大学チャンネル.com » 2013年7月1日アップ » SNSを進路選びに役立てよう!

コラム

前澤太郎のSNSを進路選びに役立てよう

maezawa_column

SNSを進路選びに役立てよう!

 皆さんはどんなソーシャルメディアを使っていますか?「LINE」「twitter」「facebook」など、ソーシャルメディアのネットワークサービス(SNS)は、メールよりも簡単なメッセージでの交流や、手軽に友達の近況を知ることができる、とても便利なツールです。

 また、SNSは興味があることを調べるためにも使えます。試しに志望する学部の教授や学生をfacebookで探してみましょう。例えば、Googleで「大学 ゼミ 商学部 facebook」と検索すると、5万件以上の各大学の商学部のゼミ、研究室が表示され、それぞれの大学のゼミでどんなことを学んでいるか、活動内容を知ることができます。偏差値とオープンキャンパスだけでない情報を進路選びに役立てることもできるでしょう。

 しかし、ソーシャルメディアはとても便利な反面、危険な落とし穴もあります。昨年、修学旅行先でのいじめを動画に撮影してYouTubeに投稿した中学生がいました。彼は20分後に削除しましたが、既に動画は誰かにコピーされていて、消すことは不可能でした。その結果、いじめをした生徒の実名と写真がインターネット上にさらされて、大勢の人から非難され、その“事件”は新聞にも掲載されました。

 現在でも、いじめた人の名前で検索するとその動画が表示されますし、それは、これからもインターネット上に掲載され続けます。SNSでは、“友達だけ(に見せよう)”と思って気軽に投稿したものが、実は世界中の人に見られています。

 SNSはとても便利な道具ですが、ナイフと同じで使い方を間違えると大ケガをすることがあります。このことを忘れずに、SNSの良い面を上手に使ってください。

プロフィール
前澤太郎(まえざわ・たろう)
(株)リピート代表取締役。1967年生まれ。建築設計事務所勤務を経て独立。大学、専門学校、中学・高校等のウェブサイト制作、ソーシャルメディア設計を行い、技術者、制作者の立場からソーシャルメディアのコンサルティングも実施している。