大学チャンネル.com » 特集A » オープンキャンパスで 大学がわかる!

オープンキャンパスで 大学がわかる!

「大学ってどんなところ?」「目指す学部・学科のことが知りたい」と思っているなら、まずはオープンキャンパスへ。
オープンキャンパスでは、受験生はもちろん、大学進学を目指す高校生や保護者などに向けて、さまざまな角度から大学を知ってもらうための企画が実施されている。

実際にキャンパスを訪れてみることで、パンフレットやインターネットの情報だけではわからなかったことを直接質問できたり、その大学の雰囲気を実感したりできる。

大学を知りたいと思ったら、チャンスを逃さず、有効に活用しよう!

夏のオープンキャンパスは熱中症対策をしっかりと

高校生やその保護者らが大学を訪れて、キャンパスの雰囲気を知ることや、大学や学部・学科についてのさまざまな情報を得ることができるオープンキャンパスは、進路選びのきっかけにもなるイベントだ。高校生の夏休みを中心とした7月20日前後から9月上旬頃までが、オープンキャンパスの最盛期。例年、国
公立大学でも私立大学でも、非常に多くの大学がこの期間にオープンキャンパスを実施している。

一昨年の東日本大震災以降、首都圏を中心とした電力不足の影響から、特に夏期のオープンキャンパスの開催時期の変更や開催自体の中止、あるいは開催時間帯の短縮、開催日数の削減、規模の縮小などの動きが見られた。現在、そうした混乱はほぼ収まっているが、社会全体に節電意識が定着しつつあるなかで、懸念されるのは猛暑による熱中症。特に7~9月のオープンキャンパスに出かける時は油断せずに、しっかり対策をしておきたい。また、予期せぬ事態による日程変更などが行われることもあるので、事前の情報収集をしてから出かけよう。

志望大学・学部・学科探しにオープンキャンパスを活用

志望大学・学部・学科がまだ決まっていないから、オープンキャンパスに行く意味がないと思っている人もいるかもしれない。しかしそんなことはなく、むしろオープンキャンパスに参加したことをきっかけに、大学や学部・学科、学問、入試、就職など、自分の具体的な進路を考え始める人も多いようだ。

高校生だけでなく、高校選び=大学選びの意味合いが強い「内部進学可能な大学の付属高校の受験を考えている」中学生とその保護者にとっては、中学校時代にこそ、目指す高校の先にある大学のオープンキャンパスに行っておく必要があるのかもしれない。

また、そうしたケースに限らず、高校生の半数以上が大学に進学している今は、中学生のうちから、気になる大学のオープンキャンパスを訪れる生徒や保護者も少なくないという。

ましてや、大学進学を考えている、あるいは考えようと思っている高校生は、できるだけ早い時期から、オープンキャンパスに行くことを心がけたほうがいいだろう。

Lockon17_WEB-5

 

スクリーンショット 2014-04-11 16.04.44

事前に計画を立てて効率よく回りたい

大学にとって、高校生にその大学を知ってもらう格好のチャンスとも言えるオープンキャンパスでは、それぞれの大学の特徴や良さをアピールするために、上記に掲載したイベントをはじめとする多彩な企画が行われている。

オープンキャンパス開催日の数カ月~数週間前くらいになると、当日のプログラムやタイムスケジュールがホームページに掲載されるなど、インターネットで情報発信されることが多い。ホームページ上に受験生向けの特設サイトを設け、オープンキャンパスの情報を詳しく掲載している大学も多数ある。オープンキャンパスへの参加や、特定の企画への参加が事前申込制の場合は、ホームページから(またはホームページ限定で)申込可能という場合もよく見られる。

まず、参加に事前申込が必要か、定員があるかどうかをチェックし、受付期間(受付開始日や締切日)も調べておこう。特に国公立大学では、定員制、事前申込制で受付期間が設定され、先着順で定員に達した時点で締め切りというケースが多いので注意が必要だ。ただし、私立大学では、申込制でも当日参加可能ということもあるので、その点もよく確認しておくようにしよう。

事前申込不要のオープンキャンパスの場合も、行く前に大学のホームページなどを見て、当日の動き方の計画を立てておけば、効率よく時間が使える。もちろん、受付で配付される当日の詳しいプログラムを見てから回る順番を決めてもいい。でも、せっかく足を運ぶのだから、キャンパス内を見学して、大学の雰囲気を味わうだけで帰ってくるのはもったいない。事前に少しだけアクティブになることで、当日キャンパスで得られる情報がグンと増えるはずだ。

実のところ、人気の高い大学やキャンパスには、オープンキャンパス当日、びっくりするくらい大人数が押し寄せる。あまりの人の多さに圧倒されながら順番待ちをしているうちにどんどん時間が過ぎてしまい、手にしたのは参加者全員に配られる資料や大学のオリジナルグッズなどのプレゼントだけ……ということにならないようにしよう。

Lockon17_WEB-6

開催されるキャンパスを勘違いしないように

複数のキャンパスを持つ大学の場合、志望学部・学科がどのキャンパスに置かれているのかを調べ、確認しておくことは必須だ。よく調べずに、とりあえず家から近い、行きやすいキャンパスを訪れたが、志望学部・学科があるのは別のキャンパスだったということは、さほど珍しい話ではない。○○大学は都内(県内)にあると思い込んでいたら、志望学部・学科が置かれているキャンパスは他県だったりすることもある。

さらに、4年間同じキャンパスで学ぶのか、学年によって通うキャンパスが異なるのか、といった配置も大学によってさまざまだ。都心のキャンパスと郊外のキャンパスでは、同じ大学とは思えないくらいに雰囲気が異なっていることもあるし、施設・設備も、周辺環境も、通学の条件なども当然違っている。すでに
志望学部・学科が決まっているなら、まず置かれているキャンパスがどこかを調べ、そこで開催されるオープンキャンパスの日程を把握するようにしよう。

複数キャンパスで同日開催のオープンキャンパスが、いずれも全学部対象ということがある一方、開催日が限られ、キャンパスによって対象学部を限定したオープンキャンパスも少なくない。必ず「どのキャンパスで開催されるか」、あるいは「そのキャンパスではいつ開催されるか」を調べておこう。

Lockon17_WEB-7