中央大学

中央大学

グローバルに学ぶチャンスを与えてくれるキャンパスで転機をつかみ、世界に挑む!

キャンパスには、いくらでも成長のきっかけが。
積極的に、挑戦できるチャンスを逃さず勝ち取っていくのは自分次第。
交換留学でさらなる飛躍を目指します!

失意でスタートした大学生活をアクティブな毎日に転換

阿部立希さん

不本意入学のコンプレックスにとらわれていた1年生の頃、ありのままの自分を受け入れ、どんなグチや文句も聞いてくれたサークルの先輩たちの存在に支えられた。

国立大学を志望し、一浪後の再チャレンジに失敗した僕にとって、大学入試センター試験利用入試(単独方式)後期選考で合格できた中央大学商学部入学は、やむにやまれぬ選択でした。当初から「望んでいた大学生活とは違う」という思いにとらわれ、雰囲気にひかれて入ったスノーボードのサークルでも、現状への不満や文句を言い続けていました。

在籍しながら再々受験をねらう“仮面浪人”を半ば本気で考えながら半年余りが過ぎた頃、2年次から始まる課題演習(ゼミ)に興味深いテーマがあることを知りました。日本とアメリカの文化を比較的視点から研究する武石智香子教授のゼミでは、その活動の集大成として米国・ボストンに赴き、現地の大学を訪問して学生たちに英語でプレゼンテーションを行っているというのです。「ぜひ武石ゼミで学びたい」という思いと同時に「このゼミに入れたら、中央大学に腰を据えて頑張りたい」という気持ちがわいてきました。希望がかない、武石ゼミへの所属が決まったことは、僕が中央大生として歩み始める転機になりました。

僕は高校時代、学費の安い国立大学で留学費用を捻出し、大学在学中に海外留学したいと考えていたことを改めて思い出すとともに、「中央大学には、海外で学ぶチャンスがいくらでもある」こと、「チャンスに挑み、勝ち取るのは自分次第だ」と痛感。在学中に、経済的負担の少ない交換留学生に選ばれ、長期留学を実現するという目標も生まれました。

2年次の10月には武石ゼミのメンバーとともに渡米し、ボストンでハーバード大学、ボストン大学、ブランダンス大学を訪問。生まれて初めての海外体験、米国の大学生との交流に大きな刺激を受け、多くの課題を発見することもできました。 商学部での学びや海外体験によって次第に具体化していった将来の夢は“世界を舞台に活躍できるビジネスマン”になること。3年次から所属している中迫俊逸教授のゼミでは、貿易英語やビジネス交渉を学び、ビジネス英語を鍛えられています。

留学の成果を将来に活かし中央大学から世界へ飛躍!

今年3月には、政府(外務省)の北米地域との青少年交流事業「KAKEHASHI Project」※1の中央大学の学生代表23名の1人に選ばれ、2度目のアメリカ訪問が実現。ニューヨークやロサンゼルスでの日本の魅力のプレゼンテーション、現地の大学生との交流、領事館訪問、市内視察など、約10日間の充実したプログラムを経験することができ、「日本と世界の橋渡しができる人材を目指したい」という思いがいっそう強くなりました。

そして、3年次の夏からシンガポール・マネジメント大学への念願の交換留学が決まり、諸準備を始めようとしていた頃、国際センターのスタッフの紹介で「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」※2に応募。人文社会科学「世界トップレベル大学等コース」で選抜され、留学期間中に手厚い奨学金を受給できる幸運にも恵まれました。同プログラムの参加者や協賛企業、世界で活躍するグローバル人材が集う独自のコミュニティに参加でき、各界のリーダーによる指導が受けられることは、帰国後の就職活動にも大きなメリットになるものと期待しています。

求めればいくらでも学ぶことができ、自らやる気を出して前向きな努力を続けていれば、多様な挑戦のチャンスが与えられるキャンパス。シンガポール留学での成果を将来につなげ、さらなる飛躍を目指します!

※1「KAKEHASHI Project−The Bridge for Tomorrow」:
日米の相互理解の深化、将来の日米交流の担い手層のネットワーク形成並びに青少年層におけるグローバル人材の育成の推進を目的に、外務省の交流事業の一環として2013年秋から実施。中央大学では学生代表23名が今年3月3日~14日、アメリカに短期派遣され、現地の大学や日米関連機関と交流を行った。

※2「官民協働海外留学支援制度 トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」:
若者の海外留学促進を目的に文部科学省が展開する「トビタテ!留学JAPAN」キャンペーンと連動した官民協働の海外留学支援制度。日本再興戦略と産業界からの意向を踏まえ、実践的な学びを焦点に、自然科学系分野、複合・融合分野における留学や、新興国への留学、諸外国のトップレベルの大学等に留学する学生を手厚く支援する。
ココに注目!

多摩キャンパスには文系5学部14学科13専攻が集結!

中央大学は多摩キャンパスに幅広い学問分野を網羅した文系5学部14学科13専攻を展開。全国から集まった学生、世界各国の留学生が、学年、地域、国境を越えて交流を深めながら、それぞれの学びを深めています。4年間を通じて、互いに磨き合い、成長を目指す“All in One Campus”では、学部の枠を超えた共通の学びも多彩に広がり、多様な学びを支える充実したサポート体制が用意されています。

 

5学部14学科13専攻の幅広い学び

法学部

法律学科、国際企業関係法学科、政治学科

経済学部

経済学科、経済情報システム学科、国際経済学科、公共・環境経済学科

商学部

経営学科、会計学科、商業・貿易学科、金融学科

文学部

人文社会学科、国文学専攻、英語文学文化専攻、ドイツ語文学文化専攻、フランス語文学文化専攻、中国言語文化専攻、日本史学専攻、東洋史学専攻、西洋史学専攻、哲学専攻、社会学専攻、社会情報学専攻、教育学専攻、心理学専攻

総合政策学部

政策科学科、国際政策文化学科

DATA

中央大学
1885年創立
多摩キャンパス
〒192-0393 東京都八王子市東中野742-1
法学部、経済学部、商学部、文学部、総合政策学部
後楽園キャンパス
〒112-8551 東京都文京区春日1-13-27
理工学部
【お問い合わせ】
入学センター TEL.042-674-2144

オープンキャンパス&大学祭情報

多摩キャンパス
<ミニオープンキャンパス@白門祭>11月1日(土)・2日(日)
<白門祭>10月30日(木)~11月2日(日)
後楽園キャンパス
<ミニオープンキャンパス@白門祭>11月1日(土)~3日(月/祝)
<理工白門祭>11月1日(土)~3日(月/祝)