大学チャンネル.com » 今注目の大学 » 中央大学・後楽園キャンパス

中央大学・後楽園キャンパス

中央大学・後楽園キャンパス

理工系女子学生を応援してくれるキャンパスで自分の興味を追究し、伸びやかに学ぶ

“リケ女”のやってみたいことに応える10学科の100を超える研究室。
キャリアデザインを考えながら学びを深め自分らしい進路が探せるキャンパスです

オープンキャンパスで知った理工学部の幅広い学び

鈴木裕美さん・三木薫さん・足立明日美さん

1学部1キャンパスのほどよい規模だから、教職員と学生の距離が近く、とてもアットホームでフレンドリーな雰囲気。オープンキャンパスで個性的な教授が多いことを知って、入学したいと思ったという人も。

都心の後楽園キャンパスに理工学部10学科を置く中央大学。約4,000人の学生に占める女子学生の割合は2割弱ですが、自分の「学んでみたいこと」を追究する一人一人の存在感は抜群です。専攻や学科、学年が違っても、同じキャンパスで過ごす個性豊かな“リケ女”同士は、たちまち打ち解けあえる関係とか。

三木さん 私は高2の夏から1年間、語学留学したスイス・ジュネーブで、WHO(世界保健機関)本部を見学して触発され、看護師を目指そうと考えました。帰国後、偶然、地元の病院で看護体験ができましたが、自分がイメージしていたものとは違っていたんです。その後、興味を持った脳科学を学べる大学を探していた時、中央大学理工学部に新設されたばかりの人間総合理工学科に出会いました。私はもともと、建築学科を目指そうと思って、高校では理系を選択したので、人間総合理工学科なら、入学後、どちらの分野にもアプローチできる点にもひかれました。

足立さん 私は幼稚園の頃から動物のお医者さんになりたくて、一方で薬剤師にも魅力を感じていました。でも、高校生になってから行った獣医系や薬学系のオープンキャンパスで、実験動物の生命を奪うことに耐えられないと感じるようになって…。高2の夏に足を運んだ中央大学理工学部のオープンキャンパスで、微生物の研究ができる生命科学科を知って、大きな生き物ではなく、微小な生命を学んでみたいと思いました。

鈴木さん 私が理工学部に入学したのは、二人よりも相当前のことですが…(笑)。高2の時、家族全員がテレビ好きだった我が家で、突然、テレビの衛星放送が映らなくなってしまったんです。原因を調べ、電波の受信障害だとわかった時に、それを防ぐための仕事がしたい、電波を発信している大元のテレビ局で働こうと思いました。高3の夏に出かけた中央大学理工学部のオープンキャンパスで、電気電子情報通信工学科の話を聞いてみると、電気も、電子も、情報通信も学べることがわかり、せっかくならいろいろなことを学びたいと思い、志望を決めました。

女子学生への配慮の中で思い切りチャレンジすることが

足立さん 3年生になって、応用分野の授業も増え、勉強はとても楽しいです。私は学部卒での就職を希望しているので、ぜひインターンシップを経験しようと思っていますし、キャリアデザインを考えながら、就職活動の準備にも取りかかったところです。生命科学科は4割以上が女子学生ですし、サークルの生物科学研究部も約4割が女子。私が学生スタッフとして活動している、理工系女子学生をサポートする「WISE Chuo」が、理工学部の新入女子学生のために、入学式の前日に行っている「プレ入学式」で友達をつくることもできます。2号館にはホテルのパウダールームのようなステキな女子トイレもありますし、大学は女子学生が居心地よく過ごせるように、さまざまな配慮をしてくれています。

三木さん 私は、まだ入学したばかりですが、人間総合理工学科も女子学生の割合が比較的高く、女子高校出身の私も、すぐになじむことができました。全国から集まった学生と知り合うことができ、いろいろな面で意識の高い学生が多いので、刺激されて、私も頑張ろうという気持ちになれます。これからやってみたいことがたくさんありますし、交換留学をはじめ、いろいろなチャレンジをしてみたいと思っています。

鈴木さん 電気電子情報通信工学科の女子率は“リケ女”ブームの中でも高くならず、大学院の研究室では、ついに女子は私一人。中学校は共学、高校は女子校、大学は男子校のような環境でしたが、特別に意識することもなく、自然体でいられます。私は、学部時代の就職活動でマスコミ業界を目指しましたが、自分の力不足を痛感し、「(勉強し直して)2年後、再挑戦します」と、選考の途中で辞退したんです。大学院に進学して、電波工学研究室で研究を続け、3年生の時に「ここで働きたい」と思ったマスコミ業界の採用試験に再び挑んで、念願の内々定をいただくことができました。自分のやりたいことを思い切りやらせてもらい、高校時代からの夢を実現することができた中央大学での学生生活に満足しています。

ココに注目!

理工系女子学生を応援する「WISE Chuo」

中央大学理工学部では、理工系女子学生のための産業キャリア教育プログラム 「WISE Chuo (Women In Science and Engineering, Chuo University) 」で“リケ女”を応援。産業・科学技術の基礎から応用力まで養成する実学教育と、高度な専門家としてのライフステージとキャリアパスが理解できるキャリア教育プログラムを実施し、男女共同参画を支え、将来のリーダーとなる優秀な女性技術者の育成にも重点を置いています。

「WISE Chuo」プログラムの特徴

  1. 1.理工系のバックグラウンドを持つ専門家として産業界で長く活躍できるように、理工系の生きた専門知識と能力を、産業界の先生から直接教わって身につけられます。
  2. 2.自分の能力を最大限に発揮してやりがいのある仕事を通して社会に貢献しているステキな先輩女性の生き方を学んで、自分も人から尊敬されるような人間に成長できます。
  3. 3.男女が共同して仕事で活躍し、家庭・社会をつくっていくための上手な取り組み方を理解していくことができます。

DATA

中央大学・後楽園キャンパス
1885年創立
後楽園キャンパス
理工学部(数学科、物理学科、都市環境学科、精密機械工学科、電気電子情報通信工学科、応用化学科、経営システム工学科、情報工学科、生命科学科、人間総合理工学科)
〒112-8551 東京都文京区春日1-13-27
【お問い合わせ】
入学センター TEL.042-674-2144

オープンキャンパス&イベント情報

8月9日(土)・10日(日)
<理工白門祭>11月1日(土)~11月3日(月/祝)
※11月1日土~3日月㊗に「ミニオープンキャンパス@白門祭」開催。