東京工科大学

東京工科大学

「実学」としてのサステイナブル工学を追究しグローバルエンジニアを育てる工学部が誕生!

次代の社会に求められる「つづける」工学を体系的・実践的に学ぶ新しい工学部で
世界で活躍できるエンジニアをめざす

サステイナブル社会に貢献する「つくる」から「つづける」工学へ

東京工科大学は2015年4月、工学の基盤分野である機械工学科、電気電子工学科、応用化学科の3学科で構成される工学部を新設します(届出書類提出中)。これまで、「人に必要なもの・便利なものを、安く・効率的につくる」ことを目的として発展してきた工学は、その一方で、環境破壊、資源の枯渇、地球温暖化など、多くの深刻な問題を生み出してきました。これからの工学に求められているのは、「持続的(サステイナブル)に発展する社会のためのものづくり」を追究すること、いわば「つくる」から「つづける」工学への展開です。

持続的に発展する社会に貢献する工学は、環境問題、資源問題のみならず、経済性や人間生活の質の向上などの広い領域に地球規模でかかわるものです。一つの解を追究する従来の方法では対処が難しいこれらの課題に取り組むためには、大学教育においても、新しい学修の仕組みやアプローチが必要になります。

本学の工学部(届出書類提出中)が追究するのは、「持続的発展が可能な社会(サステイナブル社会)を実現するための実学」としての“サステイナブル工学”です。21世紀のサステイナブル社会に求められている工学の基礎知識とともに、ものづくりを多面的に評価する方法を身につけ、社会で柔軟に実践する力を備えた人材を育てるための新しい工学教育をめざしています。

サステイナブル工学を学びグローバルエンジニアに

本学工学部(届出書類提出中)の教育には3つの特徴があります。一つは「サステイナブル工学の知識と実行力を身につけ、各専門領域で実践できる教育」。次に、「ものづくりの現場を体験して、大学での学修を実践し、それをまた自己の学修に反映させる“コーオプ教育(Cooperative Education)”」。そして、サステイナブル工学やコーオプ教育での実践から学生が実感した「グローバル化に対応するためのエンジニアに求められる英語能力(工学知識や専門知識の表現力)の養成に力を入れた英語教育」です。

そのため、学部共通科目として「サステイナブル工学教育科目」「コーオプ教育科目」「グローバルエンジニア教育科目」という特色ある実践的科目を用意しました。学生は2年次後期~3年次前期に実施される約8週間のコーオプ実習(就業体験)をはさみ、1年次の事前学修から就業体験後に到るまでの一連のコーオプ教育科目と、教養基礎、専門基礎、専門の科目群を並行して立体的に学修します。

サステイナブル工学では、環境(地球システム)、経済(社会システム)、生活(人間システム)の3要素と工学のかかわりを深く考察することが重要です。人間が生み出す工業製品のライフサイクル全般にわたる環境、経済、生活への影響を詳しく分析・評価したうえで、革新的な技術の開発につなげていく姿勢(ライフサイクル思考)が不可欠と言えるでしょう。

その実践的なアプローチとして、工業製品が地球に与える影響についての基本的評価法である「ライフサイクルアセスメント(LCA:Life Cycle Assessment)」を取り上げ、全員が実際にLCAソフトウエアを用いて課題を解決しながら、その方法や考え方を体得します。LCAの手法を工学部生全員が修得するという、日本の他大学ではほとんど見られない、画期的で特色ある学修の成果は、各学科の専門的な研究を支える重要な基盤になるでしょう。

また、大学と企業・地域、学生の三者が協同して実施するコーオプ教育の約8週間の就業体験は、日本の学部教育では他に例を見ない先進的カリキュラムです。他学部で先行的に実施されたコーオプ実習(就業体験)では、予想を上回る確かな手応えが認められました。

新しい工学を新しい方法で学び、次代のエンジニアに必須の能力を養成する東京工科大学の工学部でサステイナブル工学を修め、明るい未来に貢献し、世界をリードするグローバルエンジニアをめざしてください。

サステイナブル工学の視点から未来社会を支える3学科

サステイナブル工学の視点から未来社会を支える3学科
※2015年4月新設(届出書類提出中)
ココに注目!

独自の「コーオプ教育」で実践力を高め、就業力を強化

工学部※が実学教育の柱として採用する「コーオプ教育(Cooperative Education)」は、大学と企業・地域が連携して、「実学と行動力」を身につけた学生を育成する独自の教育プログラム。学生は、グループ学修による「コーオプ演習」や、経済社会の仕組みと企業の構成を学ぶ「コーオプ企業論」などを履修して就業体験に必要な基礎知識を身につけたうえで、大学と受け入れ先が共同で設定した約8週間の実習プログラムを体験。終了後、レポート作成や報告を行います。全学生が2年次後期~3年次前期、学内外で産学連携による就業体験を行うことにより、工業技術の実践力を身につけるとともに、自らが働く意義や課題を発見することで、学修意欲の推進や就業力の向上につなげます。

※2015年4月新設(届出書類提出中)

DATA

東京工科大学
1986年開学
●八王子キャンパス※2014年4月新設(届出書類提出中)
工学部(機械工学科/電気電子工学科/応用化学科)※
コンピュータサイエンス学部、応用生物学部、メディア学部
〒192-0982 東京都八王子市片倉町1404-1
【お問い合わせ】
フリーダイヤル 0120-444-903(広報課)
●蒲田キャンパス※2014年4月新設(届出書類提出中)
デザイン学部、医療保健学部(看護学科/理学療法学科/作業療法学科/臨床工学科/臨床検査学科)
〒144-8535 東京都大田区西蒲田5-23-22
【お問い合わせ】
フリーダイヤル 0120-444-925(広報課)

オープンキャンパス情報

八王子キャンパス
7月21日(月/祝)、8月2日(土)・23日(土)、9月14日(日)
蒲田キャンパス
7月20日(日)、8月3日(日)・24日(日)、9月7日(日)