芝浦工業大学

芝浦工業大学

多彩な学科とのグループワークで成長し専門領域での学びを社会で生かしたい

学科の枠を超えた演習で「システム工学」の基礎を身につけ
人間力を鍛えてくれるキャンパスで“就活力”を磨く

他学科のメンバーとのグループワークは刺激的

志望大学を検討していた高3の夏、初めて訪れた大宮キャンパスのオープンキャンパスで、芝浦工業大学のシステム理工学部は多彩な研究領域をフォローし、充実した研究室がそろっていること、学生一人に対する教員数の割合が高いことを知って、恵まれた学びの環境に魅力を感じ、出願を決めました。

化学と生物が好きで、スポーツ好きだったことから興味を持った“人の体の仕組み”について学んでみたいと考えていた僕は、生命科学科生命医工学コースに入学しました。1年次からシステム理工学部生が受講する「創る」では、学科の枠を超えてつくるグループに加わり、さまざまな学科のメンバーと一緒に授業を受けました。学科が違えば、着眼点も異なり、いろいろな考え方があるとわかったこと、それぞれの違いや個性を理解し、コミュニケーションを深めながら、一つのテーマにグループワークで取り組んだ演習は、とてもおもしろくて刺激的な経験でした。

学んだ専門知識を生かして医療の現場に貢献したい

2年次から履修モデルに添って興味を持った専門科目を履修し、進みたい研究領域を探っていきました。3年次の「高齢者に優しい車椅子づくり」をテーマにした実験で、筋肉に関心を持ったことから、赤木亮太先生の「生体機械学研究室」に所属。4年次から「運動学習機能向上に対するシステムの開発」をテーマに、卒業研究に取り組んでいます。

生命医工学コースの授業で構造原理を学んだMRI装置や、実験で扱った医用画像診断装置、配属された生体機械学研究室で操作した超音波診断装置への興味が就職活動のモチベーションになりました。大学院への進学も視野に入れていましたが、薬学部出身の薬剤師資格を持つMR(医薬情報担当者)として働く父親の姿への子どもの頃からの憧れもあり、自分も「大学で学んだ専門知識を生かして社会で活躍したい」、「技術の知識を持つ営業職として医療の現場に貢献したい」という思いが強くなっていったのです。画像診断機器を中心とする医療機器の販売から保守までを行う企業を志望して“就活”に挑み、無事に内定をいただくことができました。

学生と教職員の距離が近く、いつも必要なサポートをしてもらえる、それぞれの目標に向かって頑張る仲間に恵まれたキャンパスライフは充実しています。

「システム工学教育」で問題解決能力を身につけ、社会人基礎力を育成

経済産業省
社会人基礎力を育成する授業30選」に選定。

専門分野の枠を超えて活躍できる人材を育てる

専門分野の枠を超えて活躍できる人材を育てる

1年次から学科の枠を超えたグループワークを重ね、集団で一つのものをつくる難しさや楽しさを体得できる「システム工学教育」。

多様な学問体系を横断的に関連づける手法によって、科学技術の利点や欠点をとらえ、環境問題や文化、価値観などの調和を基本にすえて総合的問題解決を図るシステム工学。電子情報システム学科、機械制御システム学科、環境システム学科、生命科学科、数理科学科の5学科で構成される芝浦工業大学システム理工学部では、学部4年、大学院(修士課程)2年の一貫した「システム工学教育」を受講することができます。学科を横断して行われる授業や実習でシステム工学の考え方や手法を学び、問題解決のための論理的な思考を養う「システム思考」、目的達成のための機能を構築する「システム手法」、問題解決に必要な人・知識・技術をまとめる「システムマネジメント」を備え、専門分野の枠を超えて活躍できる人材の育成をめざしています。

トライ&エラーを繰り返す実践から問題解決能力を養成

トライ&エラーを繰り返す実践から問題解決能力を養成

1年次の「創る」は、学生だけのグループでものづくりに挑む演習。教員はあえて理論を教えず、学生は自分たちだけの力で、うまくいった理由や失敗した原因を分析します。また、2年次に必修の「システム工学演習」では、実際に社会で起こっているさまざまな問題を解決するためのシステムを学生たちが考え、計画・提案。システマチックに考えることを体験と講義によって理解し、社会で活躍するために必要な「考え抜く力」を身につけていきます。3年次には、大学院修士課程1年生の研究分野とその周辺、地域課題などに対する問題解決に参加することが可能。合同のプロジェクト活動によって、3年生はより高度な課題の問題解決に触れることができ、大学院生は後輩への指導を通して、プロジェクトをまとめる力やリーダーシップを養います。いずれの授業も、学科も専門分野も異なる学生同士のグループワークによって実施。それぞれの視点を生かし、適切な役割分担を行うことで、分野を横断する総合的問題解決能力を高めます。現場で役立つ実践的な学びは、学生の満足度も高く、コミュニケーション力など社会人基礎力の向上や、就職に強い人材育成にもつながっています。

多彩なプログラムを用意し、世界で活躍できる人間力を備えたグローバル人材を育てる

多彩なプログラムを用意し、 世界で活躍できる人間力を備えたグローバル人材を育てる

芝浦工業大学では、グローバル化する世界で活躍できるエンジニアに必要な「外国語で専門的な内容を伝えられるコミュニケーション力」「問題解決能力」「異文化理解力」「国籍や民族を問わず積極的に協調できる人間力」を備えた人材育成のためのプログラムも多彩。短期語学留学プログラム、葉山英語合宿、海外インターンシップ、交換留学プログラム、建築系交換授業プログラムといった国際交流プログラムをはじめ、留学生サポート制度、毎日学べる英会話講座、国際学生寮など、キャンパス内や日常的な国際・異文化交流の場も豊富。芝浦工業大学の取り組みは、2012年度文部科学省「グローバル人材育成推進事業」(特色型/タイプB)に採択されました。

DATA

芝浦工業大学 大宮キャンパス 芝浦工業大学 豊洲キャンパス
工学部、デザイン工学部の1・2年生とシステム理工学部全学年が学ぶ大宮キャンパス(右)、工学部3・4年生が学ぶ豊洲キャンパス(左)、他にデザイン工学部3・4年生が学ぶ芝浦キャンパスも展開。
工学部、システム理工学部、デザイン工学部
〒135-8548 東京都江東区豊洲3-7-5
【お問い合わせ】
TEL.03-5859-7100(入試課)

オープンキャンパス&イベント情報

大宮キャンパス
8月3日(日)
<秋の研究室見学会>10月11日(土)
豊洲キャンパス
8月23日(土)・24日(日)
<秋の研究室見学会>10月18日(土)
芝浦キャンパス
<秋の研究室見学会>9月27日(土)