東京理科大学

東京理科大学

科学と社会と人を結ぶ知恵をしぼり新しい価値を生み出す経営工学の醍醐味

理工学部10学科が集結した野田キャンパスは多彩な専門分野の知識の宝庫。
アクションとコミュニケーションと協働で新しいイノベーション創出の可能性に挑む

理系のセンスとともにマネジメント能力で課題に挑む

理工学部 経営工学科 堂脇 清志教授

堂脇研究室では、毎週金曜日の「鍋会」が恒例。準備にあたる学生たちは役割分担やリーダーシップを学び、コミュニケーション能力を磨く。大学生活は楽しく、「勉強する時は勉強する、遊ぶ時は遊ぶ」がモットー。

経営工学と聞いても、そこで何が学べるのか、ピンとこない人が大半かもしれません。「経営=文系」、「工学=理系」なら、「経営+工学=何系?」という疑問もわいてくるでしょう。数学、情報工学、経営学をはじめとして、多くの専門分野の知識を必要とする経営工学は、文理融合のいわゆる「学際系(学際的分野)」と言われる学問系統です。

かつて、経営工学は管理工学とも呼ばれ、生産、品質、工程、原価などを数理的に管理して効率化を図り、企業や工場の生産性向上を目指すもの、というイメージでした。しかし今はそればかりではありません。もっと大きく全体を俯瞰したフィールドで、経営工学は世界経済や地球環境までをきわめて複雑な仕組みのシステムととらえて、さまざまな課題解決に取り組んでいます。

そして、複雑化した世の中では、あふれる情報の交通整理役が求められています。グローバル化した社会に新しいイノベーションを起こすにはどうすればいいのか、何と何を組み合わせればビジネスが生み出せるのか、それをどうやって産業化につなげられるのか。その戦略を立てるために重要になるのは、情報や数理という工学的技法を扱う理系のセンスとマネジメントの能力です。

マネジメントにおいて何よりも大切な人とのコミュニケーション。加えて、お金に明るい、つまり経済の概念を持っていること。それをベースに、人・物・金・情報を最適に設計・運用し、プラスアルファの要素、技術を、そこに“どうやって生かすか”を考え、マネジメントの能力を発揮して問題解決につなげる。経営工学科の専門教育が目指しているのは、科学と社会と人を結ぶ知恵をしぼることによって、社会に貢献できる人材の育成です。

実践的に学べるキャンパスでグローバルに鍛える

東京理科大学の理工学部経営工学科は、情報システム系、生産システム系、社会システム系、経営数理系、管理システム系で構成され、この5つの領域が横断的に連携することで、教育・研究を行っています。そして、野田キャンパスに集結した理工学部の10学科には、横断的な連携を可能にしている、先生同士の良好なコミュニケーションがあります。

つまり、何か一つの課題解決にあたろうとした時、学生はキャンパスにいながら、学科の枠を超えて、さまざまな分野の専門家の話を聞きに行くことができますし、それぞれの先生が持つ知識を有機的に結びつけることができます。それは、素晴らしいマネジメントの実践教育にもなっている。東京理科大学理工学部経営工学科ならではの、この“強み”を、ぜひ生かしてほしいですね。

インドネシアの国立バンドン工科大学との大学院のダブルディグリー※が可能な交換留学制度もあり、迎え入れた留学生との交流が学生を刺激して、いい化学反応を起こし、研究室を活性化させています。求めれば、グローバルに鍛えられる環境がいくらでも開かれている。それを貪欲に活用し、大きく成長してほしいと思っています。

いろいろなことをスポンジのように吸収できる大学時代、「実力主義」の伝統が生きる東京理科大学で、豊かに学ぶ醍醐味を味わってください。

5キャンパス 8学部 33学科で多彩な学びのフィールドを展開する理工系総合大学

5キャンパス 8学部 33学科で多彩な学びのフィールド
ココに注目!

大学院・経営工学専攻では修士・博士のダブルディグリー※も

大学院理工学研究科経営工学専攻の修士課程ではインドネシアで最高クラスの国立バンドン工科大学経営管理学院の大学院経営科学専攻との国際共同教育教程をスタート。この共同教育教程は、どちらかの専攻に在籍する大学院生が、もう一方の専攻を約1年間履修し、最短2年間で両方の大学から修士の学位を授与されるダブルマスターディグリープログラム。さらに、同博士後期課程でも、バンドン工科大学とのダブルドクターディグリープログラムが実施されています。大学院・経営工学専攻では、全学の先頭を切って英語による講義を実施するなど、グローバル化への対応を積極的に行っています。

※ダブルディグリー(Double Degree):二重学位、複数学位

DATA

東京理科大学
1881年創立
理学部第一部、工学部第一部、薬学部、理工学部、基礎工学部、経営学部、理学部第二部、工学部第二部
〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
【お問い合わせ】
入試センター TEL.0120-188-139

オープンキャンパス情報

野田キャンパス
8月7日(木) ※薬・理工学部
神楽坂キャンパス
8月8日(金) ※理(第一部・第二部)・工(第一部・第二部)・経営学部
久喜キャンパス
11月8日(土) ※経営学部